コスプレ少女由佳3

[ 20:00 ] 寝取られ | CM(3)


「さて」とWが立ち上がりました。そして床に散らばったSM道具の一つを
手にとりました。
特徴のあるシリンダの形。浣腸器でした。

由佳の顔がさーっと引いていきました。
「やだよ、、、やだ、、、やだっ!! 絶対やっ!!!」
「ほんとに舌噛む! 絶対いやっ!!」
由佳が暴れだしました。

Wは由佳の腰をつかむと、ほれっと言って由佳を転がしました。
由佳はうつぶせになりました。お尻の穴がこっちを向きました。
由佳は、なんとか体をはいずりまわして、逃げようとしました。
そんな由佳をWは「つーかまえたっ!」と言って、由佳の腰をつかみました。

「やだーっ!! いやー!! いーーーやーーーー!!!!!」
由佳はあらん限りの声をだしました。さっきまで脱力していたとは思えませんでした。
とっさにMが由佳の口をタオルで押さえました。「うるせ・・・」
むーっ、むーっ、と由佳がもがきました。Wは由佳を押さえるつける役を
Mにわたし、浣腸液を作り始めました。
「これは、効くんだよ、精神的に。由佳。排便シーンなんて、親以外に
見せたことないだろ。今日は、3人の男に見てもらえるぞ、よかったな」
Wは恐ろしいことを言いながら、シリンダに浣腸液を吸い込ませました。

そして由佳の後ろに回り、クリームを由佳のお尻の穴に塗りこみました。
由佳が、Mの下で、びくっびくっと震えました。


由佳の狂言を見抜いたときに正気に戻ったと思っていたWが再び狂気に走っていました。
Mも押さえつけたはいいが、続けていいのかというような顔をしていました。

Wは、ゆっくりシリンダの先を、由佳のお尻の穴に差し入れました。
由佳が”ひぅっ!”と叫びました。
Wはすこしづつ、シリンダを押して、透明の液体を由佳の中に入れていきました。
由佳は、んーーーーーっ! んーーーーーっ!とタオルの下で叫んでいました。
Wがシリンダの中の液体を全部入れた後、再度ゆっくりシリンダを抜きました。


Mが由佳を押さえつけるのを止め、タオルまで外しました。
さらに、由佳の縛りまでもWは解いてしまいました。
由佳は、横に寝転んで、はー、はーと荒い息をしていました。
お尻のあたりが震えていました。

WとMがじっと由佳を見ていました。由佳は、うっ、、、と眉をしかめた後、
おなかを押さえ始めました。

そして、のろのろと座りなおしました。女の子座りの体勢です。
相変わらず、おなかを押さえ、震えた足をぴったり閉じています。

Wが由佳に近づきました。
由佳は泣きそうな目でWを見上げ「おなか・・・痛い」と言いました。
Wが返して言います「そりゃそうだ。浣腸したこと無いのか?」
由佳は、こくんと頷きました。
「ほんとに、、痛い、、、、。トイレ、、、行ってもいいよね」
と由佳が尋ねました。Wが心変わりしてくれるように、必死の懇願でした。

「そんなに、痛い?」とWが尋ねました。由佳はまた頷きます。
「トイレでしたい?」とWがまた尋ねます。由佳もまた頷きました。
「うーん。じゃ、勝負をしよう」と、Wがズボンを脱ぎ始めました。
そして、半立ちのちんぽを出しました。

「由佳が我慢できなくなるまでに、俺をフェラでイかせたら、トイレでしてもいいよ。
でも、我慢できなくなって、フェラを止めたら、、、、そうだな、、、」
「×○×の口にしてもらおうか」


由佳とMが一斉に僕を見ました。
僕は、思わず首を横に振りました。由佳のなら、、、と思いたいのですが、
体の拒否の方が勝っていました。

Wが続けて言いました
「どんな風に、俺を責めてもいいよ。由佳のテクニックの全てを使って
俺をイかせてくれ。でも、由佳の動きが止まったり、ダメと言ったりして、
由佳があきらめたと俺がみなしたら、由佳の負けな」

そういうと、Wは手をパンと叩きました。「さ、開始」
由佳は、片手をおなかに当て、片手を伸ばして、Wのちんぽをつかみました。


ゆるゆるとWのちんぽを擦る由佳。いやらしさよりも悲壮感が漂っていました。
既に由佳の全身に脂汗が出ているようでした。
Wが言いました。「そんなんじゃ、いくらなんでも、イけないだろ。由佳の
今までの経験で培ったテクを全て使って、俺をイかせろってば」
由佳は、ちんぽをこする手を早めましたが、神経はお尻の方に集中しているようでした。

Wが言いました「あー、、、、由佳」苦しそうな表情の由佳が見上げます。
「俺、ティファが萌えるんだけど」
由佳は、Wのちんぽから手を離し、立ち上がって、自分のかばんによろよろと
歩み寄りました。なるべく足を閉じて、お尻とおなかを押さえながら。
そして、カバンの中から、ティファ(FF7)のコスを取り出し、体を震わせながら
スカートを吐き、サスペンダーをつけ、白のチューブブラを着けました。


そして、付け毛をつけました。 由佳の髪が長くなりました。
「パンツは穿くなよ」とWが言いました。由佳は、言われたとおりパンツを穿かずに
苦しそうな顔をWに向け、また、Wの前にしゃがみこみました。
すると、いつのまにか、Wのチンポが勃っていました。Wの目もこころなしか
ぎらぎらしています。由佳は、そんなWのチンポを見て、勝算があると思ったのか
すかさず、Wのチンポを咥え始めました。
普通のフェラから、バキュームフェラ。ちんぽの先をちろちろ舐めた後、
ウラスジに沿って、玉袋を舐め始めます。フェラをしながらの上目遣いも
忘れませんでした。


Wは次第に息遣いが荒くなっていきました。由佳は、Wの後ろに回って、
Wのチンポを擦りながら、Wのアナルまで舐め始めました。
Wは「うぉっ・・・」とうめき声を上げました。

その時、Mが「あっ!」と言いました。
僕は何かとMを見ました。由佳も、行為を続けながら、Mをちらちら見ていました。

「お前、あのコピー誌のとおりのことやろうとしてんだろ!」とWに言いました。
「ほら、ティファの! こんなようなヤツ書いてたじゃねえか!」
Wは息を荒くしながら言いました「よくわかったな、、、そのとおり、、、」

僕も思い出しました。
ティファが陵辱されるコピー誌をWは確かに作っていました。
それに、ほぼ同じように進行していました。
陰毛剃り、ローソク、浣腸、、、
僕は、結末を思い出しました。 ティファは、結局、、、


「由佳、、、飲めよ、、、、でるっ」Wがうめきました。
由佳はWのちんぽを咥えたまま、前後に速く動かしていました。
そして、Wのちんぽがびくびくっと震え、「んっ・・」と由佳の声が聞こえました。
由佳はWのちんぽを咥えたまま、喉をごくっごくっと動かしました。

由佳は、快感にふけるWのチンポを素早く抜くと、口をぬぐうまもなく
立ち上がり、トイレにかけこもうとしました。
その時、Mに体を捕まれました。
「なんで!? アタシの勝ちでしょ!? 離してっ!!」
「もうだめなの! もうそこまで、、! お願い!!!」
由佳は悲痛な叫び声を上げました。
WはMに向かって言いました「ナイスっ!」
Mは返します「元ネタがそれなら、次の行動は分かるよ」
「なにそれっ!? 、、、、お願い!! もう! 、、、、もう! 」
由佳は声を裏返しながら、必死に訴えました。


Mは由佳に言いました。「結局、ティファはみんなの前でぶちまけました、とさ」
「わけわかんない!! 約束が、、ちがう!!」
必死の由佳を見て、Wが言いました。
「まあまあ、じゃ、お前のテクに免じて×○×の口は止めておいてやるよ。
そのかわり、×○×の口から出たものの上でしてもらおうかな」
そういって、Wは僕の嘔吐物を処理したおがくずの山を指しました。
「いやっ! そんなのいやーーー!!」

「よっと」と言いながら、Mが由佳を抱き上げます。由佳の両膝を抱える姿勢です。
そして、おかくずの山の上に来るように由佳を抱えたまま、Mがひざを落としました。
Wは「じゃあ見せてもらおうかな」といいつつ、由佳の前に陣取ります。


「ああ、、、、、だめ、、、、、ほんとに、、、、、、ほんとにおなか痛いの、、、、
、、、、、、やだ、、、、、、みちゃダメ、、、、、ほんとに、、、、、、、、、
あ、、、、、あ、、、、、、ああっ、、、、、、、、、はあっ、、、、はぁっ、、、、
ああっ!、、、ああっ!」
由佳の体ががくんっがくんっとゆれました。その直後、由佳のお尻の穴から
おしっこのように勢いよく、水のような排泄物がと飛び出しました。

「やだああああっ!!! 見ないでよーーーっっっ!!!」
お尻の穴からシャーーーーッと音を立てる排泄物を出しながら、由佳は叫びました。
MとWは、息を呑んで、由佳の排泄シーンを見ていました。
僕は、、、やはり、由佳のこれ以上ない痴態を、目をそらすことなく、見ていました。

水の便が一通り出た後。断続的にやわらかい便が、由佳のお尻の間から出てきました。
由佳は、真っ赤な顔の上、涙を流して、Mに抱えられていました。


さらに、しばらく断続的に来る便意のままに排泄される軟便を、MとWに見られていた
由佳は、Wにお尻を拭かれた後、Mの手から、降ろされました。
由佳は、そのまま倒れこみました。そして、そのまま嗚咽をもらしていました。
Wは、おがくずの上にさらにおがくずを撒いて、さらに消臭スプレーをかけていました。
部屋の中は、由佳の大便の臭いでいっぱいで、僕は吐きそうになっていました。

Mも、吐きそうになっているようで、鼻を押さえながら、Wに聞きました。
「お前、よく平気だな。。。。この後、どうすんだ? 俺、由佳のあんな姿見たから
もう勃たねえよ・・・」
Wは、ゴミ袋におがくずの山をホウキで入れながら、答えました。
「俺だって、平気じゃねえけどよ。。。。そうだな、、、、うわっ、由佳!!」

僕、そしてMがWの見てる方向を見ました。
そこには、由佳がナイフを持って立っていました。見た目斜めに刃がついている
ナイフでした。どこから、見つけたのか分かりませんが、由佳はそれを"自分の首"に
逆手に持って突き立てるように当てていました。

由佳は、黙って、ジリジリとMとWに近づいていきました。
由佳の目も狂気の目でした。MとWは後ずさりしていきました。
「・・・・・黙って、ここから、出てって・・・」と由佳が言いました。
「・・・・・しゃべったら、ホントに刺すよ・・・・」

WとMは、黙って頷いたまま、あとずさりして、玄関を開け、外に出ました。

由佳は、玄関の鍵をかけて、僕の方に近づいてきました。
そして、手に持ったナイフを置き、僕の口からタオルを外しました。
僕はやっと、口が解放されました。でも、アゴががくがくで、まともに口が
閉じられませんでした。由佳は、そんな僕をちらっと見ると、僕の拘束衣を
外し始めました。


かなり、苦労して由佳は拘束衣を外してくれました。一部ナイフを使って切りました。
中のロープは、かなり緩まっていました。ただ、僕がウデを動かせなかったので
由佳に手伝ってもらいました。

そして、完全に、僕は解放されました。

長い間。沈黙が流れました。僕と由佳は向き合っていました。
でも、お互いうつむいていました。
徐々に、あごの感覚が戻ってきた僕は、由佳に言いました。
「由佳・・・」「ごめん・・・・」「ありがとう・・・・・・」
由佳は、なにもいいませんでした。僕も、また黙ってしまいました。
そして、長い時間がたって、僕は口を開きました
「あの、、、、ナイフ、、、どうしたの?」
由佳は、また長く沈黙して、口を開きました「あたしの、かばんのなか、、、
いつも、、、持ってるの、、、、」

「そう、、、」また、僕は押し黙ってしまいました。

そして、長い長い時間が立って。由佳が口を開きました。
「、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、死にたい」

ある程度予想してた、言葉でした。
僕は、しばらくしてから「、、、、、、、ダメだよ」と言いました。

由佳は、そのあと、しばらく黙った後ぽつぽつと話始めました。
「×○×ちゃんが好きで、付き合い始めたのは、本当。
でも、今日、×○×ちゃんのことを、3人で騙したのも、本当。」
「×○×ちゃんが、MとWとHなことしてるあたしに幻滅してくれればいい。と思ってた」
「だって、MとWのセフレだもん。あたし」

僕は、沈黙しました。

「いまさらだけど、あたしがMを好きだっていうのは、あいつの勘違い。好きなのは
×○×ちゃんだけ。でも、あたしは×○×ちゃんを、裏切ってる。だから、、、、」
「、、、、、、、、だから、、、、、、、、、、、死にたいの、、、、、、、」

僕は、口を開きました。
「、、、、、、、、、、由佳が死なないようにするには、どうすればいいの?」
「、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、」由佳が沈黙します。
「僕が、許せばいいの?」首を横に振る由佳

「、、、、、、、、、、、わかった。由佳が死なないように、ずーっとそばにいる。
許すとか、許さないとか言わない。でも、由佳は死なせない。死ぬ気がなくなるまで
ずっと、そばにいる。由佳に嫌がられてたって、ずっと、そばにいるよ」


由佳はかなり長い間沈黙した後「、、、、、、、、、、、、、、、、ここじゃ、嫌」
と言いました。僕は、僕のアパートに由佳を連れて行きました。

しかし、アパートに連れて行った翌日、由佳が寝込んでしまいました。
病院に行きたくないという由佳に、僕はつきっきりで看病しました。

由佳は、回復したり、悪化したりを繰り返していました。
一週間がたって、由佳がある程度回復した後、心配してる両親に電話して
またしばらく僕のアパートで一緒にいました。

MとWは、イベントさえ出なければ、会うことがありませんでした。
あっちも、コンタクトを取るようなことはありませんでした。

ただ、僕はあいつらを許すわけにはいきませんでした。
そして、独断で、警察に相談してしまったのです。
警察は、由佳本人が捜査に協力してくれないと、ダメと言いました。
僕は、そんなことできませんでした。由佳には、あの日のことを
忘れて欲しかったのです。しかし、いつのまにか由佳は僕が警察に
相談したことを知ってしまい、自ら警察に行くことを決意しました。


そこでの、由佳への仕打ちは散々でした。
事前に、由佳に話を聞くのは女性捜査官という話だったのに、
実際は男で、当時の状況を、事細かに聞いてきました。
寝込んで以来、すっかりおとなしくなった由佳は、予断のある警察の
態度に、まいってしまい、またも寝込んでしまいました。
そして、警察に行くのを嫌がってしまいました。
その後、警察からは、由佳本人が来ないと、進められないというばかりで
このまま、訴えを取り下げた方がいい。あなた達の方が分が悪いと言って来ました。
(なぜか輪姦ということでは、処理してくれませんでした)
そして、由佳が訴えを取り下げました。

僕は、由佳の精神を安定させることに専念して、結局MとWに鉄槌を下すことが出来ません
でした。私刑も考えたのですが、由佳が、僕と離れるのを嫌がって、実現しませんでした。

そして僕は由佳と一緒にいます。来月始めの由佳の誕生日にプロポーズするつもりです。
その前に、結局、なにも出来なかったことへの気持ちの整理をつけたくて、
ココに書きました。


【サイト内人気記事】
彼女の泥酔レ○プ動画
田舎で出会った全裸の少女
4Pレ○プ 初体験
出会い系中だし・・実はJ○だった!
京都に住んでいたときマワされました1 
キャンプで嫌いな女を気づかずに犯してしまった
彼女にセックス中に電話をかけさせる
温泉で罰ゲームさせられてる女子大生と
中学吹奏楽部顧問の役得

大人のえっちな体験談&告白人気記事】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました



web拍手
ランキングサイト よければクリックを!
人気ブログランキングへ

普通の警察じゃなく専用のホットラインに連絡しないとそりゃ彼女も恥ずかしいよ
しっかり勉強しないと人は救えませんよ(≧ε≦)

ネタなら面白い話だったなぁ

リアルなら情けなさ過ぎるね(*´3`*)
[ 2010/04/22 20:33 ] [ 編集 ]

リアルならもう少しましなタイトルつけるだろ。
[ 2010/04/24 16:34 ] [ 編集 ]

ですよねぇー(笑)
[ 2010/04/24 22:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://m00s00.blog99.fc2.com/tb.php/245-f4ea3dc3