友だちと大学生と1

[ 20:00 ] 複数で | CM(0)


女の私ですけど、投稿してよいですか??

今や30代、しかも主婦ですけど、私が高校生の頃の思い出です。
当時は、夏は新島に行くのが流行っていて、
私も仲良しのK子と二人で、何ヶ月も前から予約して、ウキウキ気分で行きました。
二人とも彼氏はいたんですけど、どちらも部活の練習で忙しく、
夏休みを一緒に過ごせるなんてはじめから期待していませんでした。


肌の色素が濃く生まれつき日焼けしやすい、スポーツ大好きムッチリ体型の私も色白で日焼けしにくく
夏でも色白で華奢なK子も子供に甘い親の家だったので、
旅費やお小遣いに困ることはありませんでしたが、新島では普通の民宿に泊まりました。

当時(もう10年をはるかに超えるほど前ですが)を知っている人はわかると思いますが、
新島に行くのは男の子は女の子を求めて、女の子は男の子を求めて、
そして、ほんの一握りの純粋にサーフィンをすることを求めた人たちでした。

私たちも当然イイ人がいればなあという思いでした。
もちろん本命はいたので、ちょっと火遊びという意味ですけど。
でも、二人ともそんなに遊んでる子ではありませんでした。
学校も厳しい女子高だったので、ごくごく普通の女子高生でした。
ですから、火遊びといっても、ちょっと乙女チックな感じで、
「カッコイイ年上の大人の人なんかがいいなあ」なんて、二人ではしゃいでいました。

二人とも火遊びを期待するわりには、なんかピンとくる人がいなくて、
新島に行く前にも随分プールとかに行って、ドキドキ機会を待っていたのですが、
私は、ただビキニの白い後をクッキリと残すほど真っ黒に日焼
けしているだけでした。 K子のほうはというと、焼けにくいままなので白いビーチに白い肌がとても似合っていました。
今考えると、本当に正反対、対極コンビですよね(笑)。
ですから、余計新島にかける意気込みがあったのです。今思えば可愛いものですけどね。
そんなわけで「やっぱりイイ人はそうそういないね」なんて言いながら4日程が過ぎました。

すっかり浜辺で日焼けすることに没頭し始めた二人ですが、
私がうつ伏せで寝ているときにK子が何やら話をしているのが聞こえてきました。
私は眠っていたので最初は寝ぼけていたのですが、そのうちK子が男の人と話していることがわかりました。
それは男の子ではなくて男の人の声だとなぜかそのときは感じました。
それで私は、寝返りをうってK子の方を見ました。
するとAさんが「こんにちは」と言ってきて、私も「どうも」と答えながら、じっくりと観察をしました。
はじめK子と話をしているのがAさんとBさんだと思っていたのですが、その人たちは全部で4人でした。

その4人の人たちはヨット部の大学生でした。
高校生の私にとっては、とても大人の人に見えましたが、焼けるような太陽の下で、
私ほどではないにしろ(笑)真っ黒に日焼けして輝くように鍛え上げられた筋肉には、どことなく引き付けられるものがありました。
私はただ漠然とそう感じていたのですが、後でK子の話を聞くと、K子はその時にもの凄くセックスアピールを感じたと言っていました。
その当時私の男性経験は1人で、セックスについては好きでも嫌いでもないという程度でしたが、
(もちろんイったことなどない)K子は彼氏が3人目だったけど、
K子の話によるとエッチが上手らしく随分と開発されて、セックスに対する好奇心が高まったということでした。

二人ともガッチリ体型の人は好みだったし、(でも私の彼氏は太め・・泣)
結構カッコイイ人たちだったので、彼らの誘いにのって、ジェットスキーだとかをして遊びました。
そのときもK子は積極的に振舞っていました。
私は、やっぱりなんとなく恥ずかしくて、楽しく遊んでいたのですが、K子みたいに積極的に振舞うことはできませんでした。
私はスポーツ好きで褐色(というより真っ黒)肌で筋肉質で168センチと大柄なのですが
K子は小柄(というよりちっちゃい)で、胸も小さく、体はすっかり幼女びていたので、
余計に彼らを刺激したんだと思います。

そのうちに彼らもなんとなくエッチな感じに振舞うようになり、
やたらと私たちの体に触れてくるようになりました。
それをK子は楽しんでいるようでしたが、私は拒絶感はなかったのですが、
恥ずかしさで、どうしてもそれを楽しむまでにはいきませんでした。
夜に食事の約束をしていったん別れたとき、K子は私に「絶対あの人たちいいよね。
なんかワクワクしちゃう」と言っていました。
6人で食事をして、その後ディスコで結構盛り上がりました、
私たちは2人ともお酒は強いので、お酒でも盛り上がり、ほろ酔い加減でいい気持ちで楽しむことができました。
そのころには、私のすっかりその人たちのことを気に入って、体を触られるぐらいなら楽しむことができました。

海岸で花火をした後、彼らは私たちを彼らの泊まっているところに誘いました。
K子は当然乗り気で、私もどういうわけか妙に安心感
を感じていたので彼らの部屋に行くことにしました。
そこはバンガローみたいに独立した建物の部屋で、結構広々としたところでした。

私たちは、そこでまたお酒を飲み始め楽しくおしゃべりをしていました。
私もK子もすっかりお酒に酔いしれてよい気分になっていた頃には、
話はすっかりエッチな話題になっていました 
K子も自ら進んで自分の体験をはなしていましたが、私は特に話すほどの経験もなかったので、
(何しろSEXを特に気持ちいと思ったこともないので)
ただみんなの話を聞いているだけでした。

そのうち色白のK子が男性自身の大きさについての話を始め、彼らに彼らのを見てみたいと言い出しました。
私は酔っていたとはいえ、さすがにそれは恥ずかしいなと思っていましたが、
Aさんがいきなり脱ぎだして自分のものを私たちに見せました。私は目を背けてしまいましたが、
少しは好奇心があったのと酔いも手伝って、そのうちなんとなく眺めていました。
そのときは普通の状態だったので、特にそれについてはなんとも思いませんでした。
そのときK子は「勃起しているのが見たい」と言い出しました。
Aさんが「立たせてくれないと勃起しないよ」と言うと、
驚いたことにK子はいきなりみんなの前でAさんにフェラチオをし出したのです。
後から聞いたのですが、K子はそのときはもうすっかり濡れていて、頭の中はセックスをしたいという思いでいっぱいだったそうです。

勃起したAさんのペニスを見て私は驚きました。大きさもさることながら、
ペニスとはこんなに美しいものなんだとそのとき初めて思いました。
相変わらずK子は目を潤ませながらフェラチオをしていましたが、私はそのとき突然セックスに対する好奇心が沸きあがりました。
いったいこの人のペニスで突かれるのはどういう感じなのだろうかと。いつのまにかCさんがK子の胸を揉んでいました。
私とBさんDさんは黙ってその様子を見ていました。特に私は興味深く見ていたんだと思います。

当然の成り行きですが、私の目の前ではK子はすっかり裸にされ、
AさんとCさんも裸になり、K子は2人のペニスをむさぼるように口に含んでいました。
もちろん私は人がセックスをしているところを見るのも、3Pの状況を見るのも初めてでしたが、なぜか冷静に見ることができました。
色黒の男2人に超色白の女の子がSEXしているのが、ややインパクトがありましたが。・・

私の目の前で、K子は声を上げてよがっていました。
K子が四つん這いになってAさんのペニスを口いっぱいに含んでいるとき、Cさんが後ろから挿入しました。
彼女は一瞬Aさんのペニスを口から吐き出し、首をのけぞらせて甲高い声で叫んだあと、
Cさんに突かれるのに合わせるように再びAさんのペニスを無我夢中で舐めていました。
私は視線は挿入する行為よりも、K子の唾液で光るAさんのペニスに集中していました。
Cさんはかなり激しかったんだと思います。
というのもK子がCさんの上になっているときには、もはやAさんのペニスを口に含んでいることはできず、
手で握り締めながら、小さな胸を激しく揺らせて絶叫していたからです。

このときK子は私たちの方に体を向けて足を開いていましたが、
K子のピンクにみえるアソコにCさんのペニスが激しく上下し濡れ光るのを見て、さすがに私は息を呑みました。
私の隣で見ていたBさんとDさんは、興奮していたんだと思います。
「おー、すげーなー」とか「細いよなあ」とか、息を荒くして言っていました。
当然、BさんとDさんは今、目の前で展開されていることを私と行える
ものと思ったのでしょう、Bさんが私のFカップの実がつまった胸を触ってきました。
私は不意のことだったので「えっ、やだ」とその手を払いのけました。
今考えれば、そんなことは予想できることなんですが、その時の私にしてみれば、それは全然予想していなかったことなのです。

すると今度はDさんがワンピースの裾から素早く手を入れてきて、わたしのアソコを触りました。
そして「なんだ、凄く濡れてるじゃん」とニヤニヤしながら言いました。
確かにそのとき私は随分と濡れていたんだと思います。でも、それはAさんのペニスを見たことに起因することで、
特に今すぐ私もBさんDさんとしたいというわけではありませんでした。
私は「だめ、やだっ」となんとか逃げようとしました。

いくら身長168ある私とはいえ、それ以上に大きなBさんやDさんから逃げることなんてできません。
私はBさんに後ろから捕まえられて足をひろげられてしまいました。
そしてDさんは再び私のアソコを今度はゆっくりと触りだしました。
その間にもK子は声にならない声で「気持ちいいよお」とかいっていました。
Dさんは「色黒○○ちゃんも色白K子ちゃんみたいに気持ちよくなりたくないの?」
と言いましたが、私は「お願い、やめて」と、まだ望みのない抵抗をしていました。
でも、このままではもうダメだろう思ったのと、好奇心はAさんにあったのとで思わず「Aさんとだったらいい」と言ってしまいました。
BさんがAさんに「おいA、○○ちゃんはお前としたいんだってよ」と言いました。
私は、「したい」というふうに言われたので恥ずかしくてうつむいて、汗をかいてしまいました。

Aさんが「じゃあ、こっち頼むよ」と言うと、BさんDさんは着ている服を脱ぎ捨てて3人の方に行きました。
2人のペニスは既に勃起していました。
余程興奮していたのでしょう、AさんがK子の胸を触っている手を離すと同時に、
Bさんは喘ぎながら大きく開けているK子の口にペニスをねじ込むように入れ、
Dさんは胸の間に顔をうずめて大きな手で揉みながら舐め始めました。
少し汗ばんだAさんが、それ以上に汗ばんだ私の方に歩いてきました。


【サイト内人気記事】
彼女の泥酔レ○プ動画
田舎で出会った全裸の少女
4Pレ○プ 初体験
出会い系中だし・・実はJ○だった!
京都に住んでいたときマワされました1 
キャンプで嫌いな女を気づかずに犯してしまった
彼女にセックス中に電話をかけさせる
温泉で罰ゲームさせられてる女子大生と
中学吹奏楽部顧問の役得

大人のえっちな体験談&告白人気記事】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました



web拍手
ランキングサイト よければクリックを!
人気ブログランキングへ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://m00s00.blog99.fc2.com/tb.php/258-9d531a32