エロい妹とのセックス3

[ 20:00 ] 子供の頃(小) | CM(1)


『兄妹初セックス』から丸一日が経ちました。


時刻は午前0時25分過ぎ。

静まり返った兄妹の勉強部屋、、、


薄明かりが燈る二段ベッド上段では
全裸の小学五年生の妹が
中学一年生の兄のパジャマの下とパンツを静かに脱がし、『兄妹セックス』への無限の期待感で怒り狂う兄のフルボッキチンコを
《ギュッ》と握り締めました、、、。


『硬ったあ~っ!
お兄ちゃんカッチカチもええとこやで!』

妹はクスクスと笑いながら布団の中でチンコをギュウギュウ握り、楽しそうに体制を整えています。

ボクは間もなく始まる
『妹フェラ』への期待感だけで射精してしまいそうな勢い☆


『なあ、顔見てええ?』

『ええよ?』

妹の返事にそっと布団をめくると、リンゴのように頬を紅潮させた妹の顔と華奢な裸体が現れました。

ボクのチンコの前でチョコンと正座し
うつむき加減の妹の小さな膨らみかけの胸は
引力で下に引っ張られ普段より数段大きく見えます。

(妹も『女』なんや、、、)
そう思うと益々興奮し、さらにチンコが硬度を増して行きます。

小五の全裸の可愛い妹が目の前で『フェラチオ』を始めようとしている夢のような現実、、、。

この天上の光景を拝める
『兄』は全国にどれくらいいるのでしょうか?

(あ~妹がエロくてほんまに良かったわあ~っ!)


『う~っドキドキするっ!ほんなら舐めるで?
お兄ちゃん、、、』

(ああ、、、)

至福の時が迫ります☆


ボクは深呼吸し、これから始まる人生二度目の
『妹フェラ』の想像を絶する快楽に備えました。

妹の肉厚の唇がゆっくりとボクの亀頭に近づいて行くのが見えます。

(3センチ、2センチ、1センチ、、、くるっ、妹の唇がくるっ、歯を食いしばれーっ!!)


《チュッ、、》

『うあっ、、!』

《チュッ、チュッ、チュパッ、ハムッ、チュルーッ!チュルルーーッ!》

『あっ!あっ!気持ちっ、なにソレッ!?』

『これ《ヨコ笛舐め》言うねん!』

『《ヨコ笛舐め》!?なんやソレッ!?』

『あんな、私、お兄ちゃんにイロイロしたげよう思て雑誌とかで調べてん☆
そやからイロイロ試させて?』

『試すってお前、あっ!、、ああっ!?ソッソコッ、、、!はああっ!あっ!あっ!うはあぁあぁッ!なにっ!?めっ、めっちゃ気持ちっ、、あうあぁはあ~~~~っ!!』

人生未体験の恐ろしい程の快楽に、一瞬脳がパニックを起こしてしまいました!
なんと妹はボクの『睾丸』をガッポリとくわえ込み、口の中で縦横無尽に舐め回していたのです!

しかも『玉舐め』をしながらの『竿シゴキ』!
一回、二回とシゴキが入る度に『ヒュッ』と魂が抜け出そうになるのを感じます!

『あっうはあぁ~っ!!
そっそれ、めっちゃ気持ちっ、、!あっ!あっ!ぐあっ!アカンアカン!死ぬーっ!死ぬぅーーっ!!』


『気持ちええ?良かったあ!雑誌に書いたあった通りや☆』
(雑誌ってなんの雑誌~っ!?)

《モゴモゴ、チュルチュパッモゴチュル、、》

妹は尚も『玉舐め』を続け、今度はとめどなく溢れるカウパーを亀頭に塗りたくり、右手で包み込むように亀頭を掴み、その手の平でカウパーと唾液を潤滑油にしてニュルニュルと亀頭を転がし始めました!

『!!?くあっ、がっ、あはあ~っ、、、!!?』

息が詰まる壮絶なる快感!これも未知の
『人生未体験快楽』!!

妹の熱い舌が玉を転がし、吸い上げ、同時に亀頭が小さな手の平で滑らされ、ゆっくりと左右に締められ、時に優しくシゴキを入れられる。

唾液とカウパーでヌルヌルの妹の指の隙間から
亀頭が滑り出る瞬間に、股間から脳天を音速で突き抜ける鋭利でツンザクような快感のなんと素晴らしいことっ!!

(なんやっ!?なんちゅーテクニックや!?妹上手過ぎるぅっ!!)

特に
《玉舐めに伴う会陰部舐め、、、》

これは冗談抜きで
『致死クラスの快楽』!!
(経験者なら解って頂けると思いますが凄まじい気持ち良さです!)

妹が玉と玉の真ん中の竿部部(会陰部)を下部から上部へ圧力をかけ、押し付けるようにベットリと舌を這わす、、、
その度にボクは《ビクン》と腰が浮き上がり
『脳の裏側の快楽中枢』
を直接舐められているかような鳥肌ものの超快楽に
脳内快楽物質出まくりの喘ぎまくりっ!!


『お兄ちゃん、、、、
もう出したい、、、?』


妹の天使の、、、いや、小悪魔の囁きに
声も無く情けない顔でコクコクと頷くのが精一杯!

『玉舐め』と『亀頭攻め』のダブルインパクトは、性的未熟中一男子を瞬殺するには十分過ぎる程の快楽だったのです!

(ううっ、、、、しかし勿体ない!まだ始まって10分も経ってないのにっ!)


『、、スッ、、ストップ!ストップゥ!』

『どうしたん?』

『やっぱすぐイクんは勿体ないわ、、交代しよ?』

そのまま出してしまいたい気持ちも強かったのですが、『兄妹セックス』を楽しむ為に、ここは射精を温存すべきだと考えたのです。
『なんや《せーえき》飲みたかったのにィ☆』

『ありがとな、めっちゃ気持ちかった~っ!
でも楽しみはまたあとや、今度はお兄ちゃんが、お前を気持ちようさせたる!』
『エヘヘッわ~い!
私さっき2時間夕方寝したから体力あるねん!
いっぱいイッてもええ?』
『いっぱい舐めたるし、いっぱいイカしたる☆』

『あ~ん楽しみ~っ!
早うっお兄ちゃん早うチュウしてチュウ~ッ☆』

ボクは甘える全裸の妹を仰向けに寝かせ、妹の右側に横向きに寝ました。

キスをする前妹はギュッと目を閉じて苦しそうな顔をします。

『んっ、、ん~っまだあ~っ、、?お兄ちゃん!』

ボクはじっくりと妹を焦らし、そして優しく唇を重ねて行きました。

『んっ、んふうっ、、』

妹の肉厚の『プリン』のような甘く柔らかい唇の触感を楽しみ、舌先を口腔に滑り込ませ、その先にある妹の舌を探します。

舌の先と先が一瞬触れ合い、妹が逃げます。

しかし逃げ場はありません、ボクはすぐに妹の舌に追いつき、やがて兄妹の二つの舌は互いに求め絡み合い『愛情』を確かめます。

口全体で妹の唾液、甘い舌、肉厚で柔らかい唇を感じ
鼻で妹の肌や髪のニオイ、妹の鼻から漏れる息のニオイを、、、

目で、これ以上無い至近距離の『妹の感じる顔』を眺めつつ、『兄妹ベロチュー』を心行くまで堪能します☆

同時にボクの右手は妹の右足内太ももを優しく撫で、時折、妹の一番感じる場所に近づいては遠退くを繰り返し、益々焦らし続けます。

その度に妹は腰を上げ指の方にアソコを近づけようと必死です☆

『おっお兄ちゃん~、、
、、、』

妹が潤んだ大きな瞳でお願いしてきます。

ボクは妹の唇から、頬、首筋、鎖骨、肩、脇、そして胸の周辺をキス舐めして行きます。

『あっあんっ!ああっ!』
妹の乳首が異常に感じるのは、夕方の『妹クンニ』の時に体験済み、、、、
、、、なので必殺の乳首は回避し、そのまま、肋、ヘソ、腰骨、土手と下がり、ついにピッタリと閉じた
『割れ目』に辿り付きました。

ボクは割れ目を凝視しながら、ゆっくりと妹の閉じられた脚を開いて行きます。

《クチャッ、、、》と言うエロい音と供に
《ムアッ、、、》と
『妹フェロモン』がボクの鼻腔に広がり勃起中枢を強烈に刺激します。

『ヌチャヌチャやん、ケツまで垂れてる、、』

『やあ~~ん恥ずかしィ~っ!』

妹の脚をゆっくりとM字に開いて行きます。

『あっ!あっ!、お兄ちゃん、私それヤバイねん~っ、、、!』

妹の脚を限界まで開き
イキたそうにパクパクと呼吸し、快楽の涙を流し続ける妹の美しい割れ目に
下部から上部にかけて、そっと優しいキスを撃ち込みました。

焦らしに焦らした妹にはそれだけで十分な攻撃でした☆

『あっ、、、、!
あっ!あっ!あっ!
うわっ!えっ?えっ!?
キタキタッ!もうキタッ!ヤバイッ!あああイクイク、、、!
お兄ちゃん!私の顔見てっ、、イクとこ見てぇっ!!』

ボクは妹を必死で眺めながら、割れ目の上部
『クリトリス部分』をピッタリと唇で覆い、割れ目からクリを吸い出し、舌先で傘を外し剥き出しになった妹の急所を吸い上げます!

『はああっ、、ィイクッ、、、!』(一回、、、)

吸い上げたクリを舌先でレロレロ!

『んんんイクイクイクッ!ああっ!』(二回、、、)

唇を使いクリをパクパクと挟むように愛撫!

『ハアッ!ハアッ!
きっ、気持ちいい~っ!
あああまたイクッまたイクッまたイクーーーッ!!』(三回、、、)

結局妹はこの『クリ攻め』で、六回イキ続けました。

そしてヘロヘロの妹に必殺の乳首攻、、、、

『待ってお兄ちゃん!』

『どうした?』

『お兄ちゃん、私な、、、イキながらお兄ちゃんの
『せーえき』飲みたい、、、、』

『えっ?イキながら??』

『うん、、せやから
『シックスナイン』、、、せえへん?』


《シックスナイン!!?》
男女が同時にアソコを舐め合うと言うセックス最強の愛撫!
(この妹はどこまでエロい知識持ってんのやっ!?)


『その手があったか!』

ボクと妹はお互いの体勢を何回か入れ替え試し合い

結果、妹もボクも左肩を下に横向きのポジションで
『兄妹シックスナイン』の体勢に入りました。

ピッタリとお互いの腹部が合わさり互いの顔が見えない中、妹のヌラヌラと光る割れ目だけが目の前にある光景、、、

(なんちゅうエロさやっ!)
直後、ボクの下半身に忘れていた素晴らしい快感が蘇ります!
興奮した妹が目の前にある兄のフルボッキチンコに我慢出来ず、フライングでむしゃぶりついたのです!

『あっ!ちょっ!《チュブッ!》』

『あんっ!んぐっ《ジュポポッ!》』

負けじと妹の割れ目に喰らいつくも、妹の舌使いの気持ちいいのなんの!
先程の寸止め効果でアッと言う間に強烈な射精感が骨盤全体にうねりを上げて広がります!

『あっあんまり持たんっ!すぐイクッ、、、!』
妹に限界が近いことを告げ妹も
『わたひもっ、、わたひも~っっ!』
とチンコをくわえたまま承諾!

ボクは目の前にある妹の可愛らしい『肛門』に、妹の愛液を十分につけた左手親指を《ニュルルッ》と押し込むように滑らしました!

直後、妹の身体が《ビンッ》と硬直!

『んんぐうっ、、!』

妹は両手で『玉マッサージ』と『竿シゴキ』のランダム攻撃!
そしてフルボッキチンコは妹の口腔の奥底に深々とくわえられ、その先で妹の熱く柔らかい舌が亀頭と裏筋を舐め捲りの絡み捲り!!

ボクは妹のオシリを左手でわしづかみに引き寄せ、割れ目に深々と顔を埋め、アナルからクリトリスまで
『無限往復クンニ』!

『アッんぐっんふうっ!』
そして腹の隙間を縫い、右手人差し指で妹の右乳首を
『カリリッ、、、』

と弾きました!


直後、その瞬間はほぼ同時に訪れました!!


《んぐっ!んふうっ!イグッ!んーーッ!ングゥーーーーッ!!》

妹が約一秒早く絶頂に達し、ボクはその声を至福な心持ちで聞きながら、安心して全てを妹の口の中に解放したのですっ!


《ドッ、、、ドクドブッ! ドゥルルーーーッ!
ゴクンッ!ゴクンッ!
ドクルルルーーーッ!
ゴクンッ!ンクン!ンクン!!》

《!!?
あがっあぁあぁはああっ、、、、、!!?
イグーーーッイグーーーッイグゥーーーーッ!!!》

妹の吸い上げにより射精スピードは通常の数倍に跳ね上がり、玉袋から直接
『精液』を、『魂』を、根こそぎ吸い上げらるような、、、ま、さ、に、

《確実死級、超絶至極快楽っっ!!》



気が付くと、目の前に妹の顔、、、。


『大丈夫お兄ちゃん!?
目ェ白黒させて痙攣しとったでえ!?』

『大丈夫!大丈夫!』
(あれ?もしかして気絶しとったんか?)

心配そうに見つめる全裸の小五の妹。
その濡れた割れ目が顔のすぐ側で誘うようにエロい香りを放っています。


射精したばかりの中一兄のチンコは再び硬度を増し

そして兄は妹にゆっくりと覆い被さって行くのでした☆




続きはまた今度☆

---

時刻は深夜1時。


『兄妹の勉強部屋』は今や

『兄妹のセックス部屋』に変貌していました。


小学五年生の全裸の妹と、中学一年生の全裸の兄は、『兄妹セックス』の場所を二段ベッドの二階から一階に移していました。


これから行う


《兄チンコの妹マンコへの挿入、、、、》


その後の『激しいピストン』に伴う『ベッドの軋み』、、を警戒してのことです。


両親の寝室と距離があると言っても、慎重にやらねばなりません、、、。
もしバレてしまったら全てが終わりの


《禁じられた悪戯、、》

なのです。



『ええか?気持ちかっても声抑えていこな?さっき結構響いとった思うし、、』


ボクは『兄妹セックス』の前に妹に念を押しました。

『うん、私ヤバイ時は枕噛む、、《ハグッ》』


『まだ入れるまえやん!』
思わず妹にツッコミを入れてしまうボク(笑)


ボクは妹を俯せに寝かせ、オシリの割れ目にカウパーまみれのフルボッキチンコを挟み、前後にゆっくりとピストンし始めました。


《ニュルルッ、ニュルルッ、ニチュルルッ、、》


『おおお気持ちええ~っ!これでも十分感じるわ!』

『んっ!んっ!んっ!、、わたひもぉっ、、!』
(すでに枕噛んでる)


つい5分程前に小五の妹に大量の『口内射精』をしたばかりだと言うのに
中一のボクの玉袋には新たに新鮮な精液が溢れ返り
無限に射精可能なくらいの恐ろしい性欲を感じています。


ボクは『兄チンコ挿入』を待つ俯せの妹を見下ろしながら、深い満足感と多幸感を覚えていました。

、、と同時に奇妙な感覚にも捕われていました、、、。



中学に入り、性の知識を得てからは、寝ても覚めても頭の最先端に存在していた

   『セックス』

と言う四文字、、、。



この未知の
《人生最大の夢体験》を、ボクは


『いつ』するんだろう?
『誰と』するんだろう?
『どんな経緯で』するんだろう?


そんなことを毎日毎日、飽くことなく想像していました。


その『セックス』を、まさに今、ボクはしている!


しかも相手は生理も来ていない『小五の実妹』!


そして、その妹はボク以上にエロく性に貪欲!


こんなにラッキーな『兄』でいいんでしょうか?


これからの長い人生
ボクは早くも中学一年生にして

『人生最高のセックスパートナー』

を得てしまったのです!


しつこいようですが、それはボクの
『小五の実妹』
なのです!!



つい一日前までは、どこにでもいる『中一の兄』と『小五の妹』。


それが、一線を越えてしまった25時間前から今まで

ボクは妹に

中出しを二回、、、
(一回目、兄妹初セックス中出し。
二回目、風呂場で立ったまま挿入、くもりガラスの扉を隔てて脱衣所に母親がいる状態で中出し。)

フェラ出しを二回、、、
(一回目、初妹フェラで口内射精。
二回目、兄妹初シックスナインで口内射精。)


妹はボクに

クンニイキ 合計約13~14回、、、
(うち、兄妹初シックスナインで一回。)


、、、と怒涛の兄妹セックスライフ。


そして今、人生三度目の
『妹中出し』に向けて
あとはボクの怒り狂うフルボッキチンコを
妹のヌルヌルパイパンマンコに挿入するだけなのです!



『、、なあ、後ろから入れてええか?』


『わあっ☆それそれ!
私もお兄ちゃんにバックで入れられたかってん!
ほんまはお風呂でしてもらおう思てたんや!』


『ほんま!?やっぱり兄妹は考えること一緒やなあ!』


『私な、お兄ちゃんの隠しとるHな本見てな
バックで入れられとる女の人の写真で何回もオナニーしてん!』


『あのエロ本か!
あれ見てオナニーしとったんか?お兄ちゃんもアソコで何回もしたわ!』


『そんなん聞いたら、ああもうたまらん!めっちゃムラムラする~っ!
もう入れとうて死にそうやっ! オシリ上げてオシリッ!』


『こっ、、こう、、?』


妹はオシリを突き出しワンワンスタイルに。
腰骨がグニャンとしなって、割れ目もアナルも丸見えの堪らないエロさ!


ボクは息が詰まる思いで妹の腰を掴み、オシリを自分の入れやすい位置に引き寄せ、妹の割れ目の中央にチンコをあてがいました!



《ニュルルッニュチッミチミチ、、、》


『んっ、そこ違うっ、、!』


『えっどこっ!?』


『もっと上っあっあっソコソコッ、、、、入るっっ!《ハグッ》』(←枕噛んだ)


《ニュチニュグググーーーッッ、、、
ニュルンッ、、!!!》


『ひんんんっ、、、!!』


(はっ、、入ったあ!!
念願のバックで妹に入れたあっ!!!)


見下ろすとボクのチンコは妹のマンコに完璧に根元まで深々と突き刺さっています☆


丸い可愛いオシリと小さなオシリの穴

女の子らしいウエストの『くびれ』と色っぽい『うなじ』、、、


髪を振り乱し、頬を真っ赤に枕を噛んで、必死に快楽を堪える小五の妹、、、。


(こっこれが『後背位』から見える光景かっ!
なんちゅう支配感や!
それに、チンコがめっちゃ奥まで入るっ!!)



同じ親から生まれた
妹のマンコと兄のチンコは寸分の隙間もない完璧な
『凹凸』!


肉親でしか成し得ない

《究極天上の挿入感!!》


『おっお兄ちゃんっ、、
さっきより奥に届くぅ~っ、、先っぽっ、、チンチンの先っぽ届くとこめっちゃ気持ちええ~~っ!』


妹は真っ赤な顔をこちらに向けおねだりチュー☆


『チューしてっチューッ、、、お兄ちあゃん、、』


『お前ほんまチュー好きなあ!』


ボクはバックで挿入したまま体を限界まで前屈させ、妹も顔をこちらに体をエビ反らせながら

『バック挿入キス』!



キスに行く度に自然とフルボッキチンコは妹の膣奥をえぐる形となり、妹はあまりの快感に枕じゃなくキスで喘ぎ声を抑えます。

鼻から息を漏らし、むせび泣くような息遣いが
またなんともボクの勃起中枢を刺激し、妹の早い鼓動が膣からチンコにバクバクと伝わってきます。


『んんっ!あっ!奥っ!
奥~~っ!お兄ちゃんっ、こんなん初めてやっ!めっちゃ感じるっ、ヤバイどおしよ~っ!?』


『イケそうかっ!?動かしてええかっ!?』


『んん~っわからんけどイケるかも~っ、、!
さっ、最初はゆっくりな、、ゆっくり動かしてぇっ、、、!』



ボクは妹の腰を両手で掴み、膝の位置を定め、舌なめずりをしながら(気持ちいいのでどうしてもやってしまいます)ゆっくりと腰をを引きました、、、。



《ジュッ、、ゴッ、、!》

『あっ!、あぐっンンーーーッ、、、!!』



《ジュッ、、ププッ!!》


『ンンーーーッンンッ、、ハアッ、、お兄ちゃんそれっゆっくり気持ちええっ!引く時と奥めっちゃ感じるっっ!』


ボクは妹のリクエスト通り、ゆっくりとチンコを抜き差しし、妹の快度を高めて行きます。


《ジュッ、、ゴッ、、!》

『ンンーーーッ!ンンンッ、、ハアッ、、!』


妹は枕を噛み、髪を振り乱し、必死で喘ぎ声を抑え
左手は敷布団を《ギュッ》と掴み、右手は布団を《ドンドン》と叩き掻きむしり、全身をくねらせながら
ボクには計り知れない


《女性の超超絶快楽!!》
と戦っていました。


ボクもゆっくりと抜き差しすることで持続し、人生初の『後背位』を存分に堪能していました。


しかし、妹とセックスしている、バックで挿入していると言う超興奮、、、
妹の喘ぎ声、快楽に身をよじる、なまめかしい姿に
射精感は常に見え隠れし
ピンと張り詰めた快楽の糸は、激しいピストンをすればアッと言う間に事切れ、限界に達することは容易に想像がつきました、、、。


そして、、

抜き差しを続けて10分近く経った頃

妹に『それ』はキタのです!



《ジュ、、ゴッ 、、!》


『あっ!あああ~っ、、!キッキタッ!
キタキタキタッ、、、!
お兄ちゃんっちょっと早めに突いてっ、、、!?』


『よっよっしゃ!』



《ジュゴッジュゴッジュプッジュプッ、、、!》



『くっあああっ!あぐっアッアンッハアッ、、、、!』


妹の全身を硬直が襲い、声にならない咆哮を上げ
全身の毛穴が開いたかのような、なんとも芳しい妹の体臭(妹フェロモン)が下方から沸き上がりました!



『ハグッンンーーーッ!おっおにいひゃん奥ーーーッ!オクッ、、、もっと、、、もっと、突いてーーーッ!!』



妹の尋常じゃない感じ方に、ボクはリミッターを解除!
誰に教わった訳でもない至極スムーズな本能の赴くままの『バック突き』は
速度と回転をグングン上げて行きました!



《ジュプッジュプッジュパンジュパンジュパン、、
パンッパンッパンッパンッパンパンパンパンパンパンパンパンッ!!》



《アンッアンッハアッアンッハアッアンッハアッ、、キタキタキタキタ
凄い凄い、気持ちっ、、、気持ちーーーッ、、!
奥ーーーッ奥ーーーッ!
ハアッハアッハアッ!
アッアッアッ
お兄ちゃんもうイク~ッ
アッ!アッ!ハアアッ!
イクイクイクイクッ、、
イクッ、、、、
イクーーーッ!
イクーーーッ!
アイッ、、、クゥウーーーッ!!!》



この瞬間
妹はついに
『兄のチンコ』で
『挿入』で
『セックス』で
絶頂に達したのです!!



直後、妹は膝から崩れ落ち、完全な俯せ体勢に。

しかしボクのピストンは止まりません!

ボクの使命は
『妹の膣の一番奥底に精液を届けること!』
なのです!!


《パンパンジュパンパンジュパンパンジュプッジュゴッ!》


軋むベッドで後ろから妹を激しく突き立てます!軋んだって止まれません!
だって、こんなに気持ちの良いことは他に無いのですからっ!!



そしてボクの限界は
妹の三回目の絶頂に合わせるようにしてやってきました!



『あーっ、、キタキタキタキターーーッ!
お兄ちゃんもイクッ、、
出すぞっ!?
中に出すぞっっ!?』


『出して出して出してっ!《せーえき》イッパイ出してーッ!!』


ボクはチンコを妹の奥底に深々と突き刺し
妹にのしかかるように体を預け、妹もそれに反応し顔をこちらに向け
お互い貪るように『ベロチュー』しながら同時に絶頂に達しました!!



《でっ出るっ!ンンーーーッングーーーッ!!》

《アッイクッヒグッ!アンッンンーーーッッ!!》



《ドクルッ、、
ドクドクドクドクッ、、
ドクーーーーッ!
ドクドクドクーーーーッ!ドクーーーーーッ!
ドクルッドクンッ
ドクードクー
ドッドクン、、、
ドッ、、、ドクン、、》



18回、、ボクのチンコは脈打ちました。


18回、ボクのチンコは妹のマンコの奥底に精液を吐き続けました。


その間ボクと妹はキスをしたまま繋がり続けました。


お互いの体の緊張が溶け、心と体に安らぎと幸福が訪れます。


ボクは射精の余韻に浸りながら、このままずっと妹と繋がっていたいと思いました。
チンコはまだまだ硬いままなのです。



『はああっ、めっちゃ気持ちかた、、、
チンチンってめっちゃ気持ちええねんな☆』


『中でイケて良かったな!お兄ちゃんもめっちゃ興奮したわ!』


『うん!もっともっと気持ちくなると思う!
、、それはそうとお兄ちゃん、このあとどうする?まだ1時半やけど?』



『お前、疲れは?』


『全然!』


『そうか!ほんじゃ1回チンコ抜いて精液とか綺麗にしてからまたしょーか!』


中一兄は、まだ硬いチンコを小五妹のマンコから抜き出しました。

すぐさま妹がパッと割れ目に手蓋をし精液がこぼれないようにします。


そして妹は
精液まみれの兄のチンコをお口で丁寧にお掃除☆


もうこの『兄妹セックス』を止めることは不可能、、
それ程に
『超絶気持ち良い』
のです☆



今日は土曜日。


学校が終わって母親が帰ってくるまでは6時間もあります☆


それはまさに
兄と妹のための



《プライベート兄妹セックスタイム、、》



なのです☆

ブログパーツ

【サイト内人気記事】
彼女の泥酔レ○プ動画
田舎で出会った全裸の少女
4Pレ○プ 初体験
出会い系中だし・・実はJ○だった!
京都に住んでいたときマワされました1 
キャンプで嫌いな女を気づかずに犯してしまった
彼女にセックス中に電話をかけさせる
温泉で罰ゲームさせられてる女子大生と
中学吹奏楽部顧問の役得

大人のえっちな体験談&告白人気記事】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました



web拍手
ランキングサイト よければクリックを!
人気ブログランキングへ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/08/18 00:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://m00s00.blog99.fc2.com/tb.php/284-5ec41665