■巨乳生徒と貧乳教師の・・・

[ 20:00 ] 複数で | CM(0)


レズMネコのP-昌美といいます。
私は、昨年まで小学校教師をしていました。そして、今つきあっている中3の彼女は、名前を直子といい、4年前の教え子なんです。今日はその4年前の夏のことをカキコします。


夏休みのある日、彼女は連絡もなしに突然私のワンルームに遊びにきました。
当時、既に彼女のバストは、85センチはあったと思います。私は、自分が胸がないので、いつも彼女のバストが気になっていました。彼女は、4年生のときからブラをしていたようです。私はその日もノーブラでした。
勉強のことや、友達、テレビの話などいろんな話をしていましたが、話の途切れたところで、私の方からバストの話をしました。
「直子ちゃんは、おっぱいが大きくていいな。先生、羨ましいよ。だって、先生のおっぱい全然膨らんでないのよ。すごいペチャパイなんだもん。健康診断のときに見た直子ちゃんの胸、先生ビックリしたよ。」って。

すると彼女は、
直子の胸ばっかり見て先生ずるいよ。直子も先生のペチャパイ、見たいよ。」と言い出しました。

私は、生で見て欲しいと思っていたので、Tシャツをすぐにぬぎました。彼女は、「先生、全然膨らんでいない……」と言って私の68センチの胸を撫で回しました。
そして、「先生、直子の胸羨ましいの?先生、ペッタンコでかわいそう。」
その日、私は何度も何度も思い出して、オナニーをしました。

その後も、直子はたびたび遊びにきました。
昨年の夏、直子が初めて泊まりで遊びにきたんです。

「先生、今日いっしょにお風呂に入ろう。直子のおっぱい揉ませてあげるよ。」
お風呂で彼女、おっぱいで私の顔を挟むんです。柔らかくてすごく気持ちいいんです。

「先生は相変わらず、ペッタンコですねぇ。あばら骨がわかるから、こんな胸では、揉めないよー。」っと言って、乳首を摘むんです。
私、感じちゃって彼女の目の前で、オナニーしちゃったんです。

「先生、私にどうして欲しいの?」
「え?!」
「私、先生……、昌美のこと好きだよ。昌美の喜ぶことしてあげたいよ。」って。
私は、「昌美、直子ちゃんに、おっぱいの大きい直子ちゃんに胸のこと言われると、感じちゃうの。もっともっと、言って。」
「68センチバストのことを言って欲しいのね。わかったわ、昌美。」

これが私と彼女との始まりでした。このことは、2人だけの秘密だったんです。
今では、直子のバストは90cmのEカップと更に大きくなっているのに対し、私は、昨年の夏にまた痩せて2cm減の66cm、まっ平らです。小学生でももっと大きいのに……。

すごくみじめな気持ちに、また興奮してしまう昌美でした。




【サイト内人気記事】
彼女の泥酔レ○プ動画
田舎で出会った全裸の少女
4Pレ○プ 初体験
出会い系中だし・・実はJ○だった!
京都に住んでいたときマワされました1 
キャンプで嫌いな女を気づかずに犯してしまった
彼女にセックス中に電話をかけさせる
温泉で罰ゲームさせられてる女子大生と
中学吹奏楽部顧問の役得

大人のえっちな体験談&告白人気記事】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました



web拍手
ランキングサイト よければクリックを!
人気ブログランキングへ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://m00s00.blog99.fc2.com/tb.php/480-0bb1682c