28歳、Fカップ、地味でおとなしめの奥さんと6【スレを見ながら】

[ 00:00 ] 浮気・不倫 | CM(0)


831 名前: ◆AF/vufH7mQ [sage] 投稿日: 2008/06/13(金) 00:11:35 ID:FeoyerTJ0
(「ホテルで一泊」続きっす。そう刺激あふれるエチではないっす。あらかじめ…)
奥さんの注文に適う、手頃なバイブを買いました。
思ったより安かった。
茶店に迎えに行くと、さっきはトイレで一所懸命オナってた奥さんが「おかえりー」ってお茶飲んですましてる。
俺も席について、わざと「どうかなー、奥さんのご希望に添えるかなあ」
ガサガサとバイブの入った袋を開けようとすると、やめてやめてやめてと奥さん大慌てっす。


28歳、Fカップ、地味でおとなしめの奥さんと5【痴漢プレイ】

832 名前: ◆AF/vufH7mQ [sage] 投稿日: 2008/06/13(金) 00:18:45 ID:FeoyerTJ0
コーヒーショップを出て、お好み焼きの旨い店で熱々のやつ食べて、電車でひと駅のホテルまで歩くことにしました。
wktk。期待を秘めつつ。
これから朝までの、蜜のような時間を焦らすように…
地元では絶対できない、腕を組んでのそぞろ歩きです。微笑みながら、ノーブラの胸をぎゅっと押し当ててくれる奥さん。
「ね。私たち、こうしてていいんですね。誰も見てないんですね」とにこにこ嬉しそうに、奥さん。
奥さんがにこにこだと、ほんとに俺は、嬉しい。

835 名前: ◆AF/vufH7mQ [sage] 投稿日: 2008/06/13(金) 00:33:42 ID:FeoyerTJ0
ホテルに着いて、チェックイン。
狭いエレベーターに乗ったらもう、こっちのもんです。
ドアに向いて立つ奥さんを、後ろから抱きしめました。
「わあー」と、あらがう素振りを見せつつ振り返る奥さんに、ディープなキス…れろれろれろれろ…
止まらなくなっちゃって、エレベーターを1Fと目的階に繰り返し往復させながら、いちゃいちゃ。
「ちょっ、だめです、って…、あん」階数表示を不安そうに見上げながら、身をよじる奥さん。
スカートたくしあげ、むき出しの股間に指を這わせる。くちゅ、って音。
ブラウスの胸元に手をねじ込んで、ノーブラの生乳を揉みもみもみもみ。
ほんと止まんなくなって、エレベーター何往復させるの?って感じ。
「だめえ…っ、…こんなとこで…」と喘いで、「ほ、欲しくなる…」
ようやく途中階でエレベーターが停まりますた。
慌てて見繕いして奥さん、乗ってきたおばあさんに背を向けます。
俺と向き合って奥さん、拗ねたような眼で睨み上げ、唇を尖らせて、まだ勃起してるチンチンをつん、つんって…ウウッ

836 名前: ◆AF/vufH7mQ [sage] 投稿日: 2008/06/13(金) 00:50:17 ID:FeoyerTJ0
1Fで降りるおばあさん。
また上がるのかとか文句のひとつも言いたいだろうエレベーターの、目的階のボタンをまた押す。
奥さんは「ほんとにもー…」と赤い顔で呟いて、くるりと後ろを向いたけど、すすすと身体を寄せてこられます。
かあいいお尻を、チンチンに当ててきて、「エッチ過ぎるんじゃない?」。


906 名前: ◆AF/vufH7mQ [sage] 投稿日: 2008/06/15(日) 00:46:42 ID:goeJ8vVD0
フフ
寄せようとした俺に、「待って…、待ってください」と奥さん。あら
「えーと…私ね、ぜひやりたかったことが、あるんです」
…なに?
「いいから、ちょっと部屋出てて…もうタバコないんじゃない? 買ってきたら?」と、追い出される俺。
そういえばタバコは、そろそろ切れる。
…奥さんのことだ、きっとエチなことだぞと半勃ちのままロビーまでタバコ買いに降りて、また上がって、部屋の前まで来て、
…もういいのかな? 
コンコンと、ノックしてみた。
…返事なし。も一度コンコン。…
「…はあい」
鍵開けました。「もう、いいですか?」

907 名前: ◆AF/vufH7mQ [sage] 投稿日: 2008/06/15(日) 00:48:05 ID:goeJ8vVD0
フフフ
間接照明だけを入れた、薄暗い部屋。
なかで立ってる奥さんは、案の定、着ていたものをみんな脱いでました。
「ご主人…」
奥さんの片手は大きなおっぱいをぎゅーっと握りしめ、もう片方の手は、くちゅくちゅくちゅくちゅ音をたてて大事な股間を凄まじい速さでかき回して…
「奥さん…」
奥さん、まっすぐ俺の目を見つめながら、
「ごめんなさい、ごめんなさい…っ! 私いつもこっ、こんなこと…ごめんなさいいい…!」
…可愛い。奥さんは、ほんとに可愛いんです。
柔らかい明かりのなかで内股ぎみに両脚を開き、立ちオナニーに耽ってみせる奥さんを、ほんとにきれいだと思いました。
「私のこと、みんな見てください…、今日は、なんでも、できますから…お願い、おねがい…っ!」
何をおねがいなのかは、とっくにわかってる。
俺のほうこそ、今夜だけは、何卒よろしくお願いします。
やっと、後ろ手にドアを閉めました。

923 名前: ◆AF/vufH7mQ [sage] 投稿日: 2008/06/16(月) 00:03:21 ID:pt4GR3xR0
フフフ
抱き寄せることはやめ、無言でベッドに投げてある「買い物」の袋を開けました。
俺を目で追う奥さん…壁に寄りかかってはあ、はあ、と悶えながら、奥さんのオナニーは続いています。
取り出したものに電池を入れて、スイッチ入れてみました。
ヴイーイン、ヴイーイン、ヴイーイン…何てチープな音。
「ああっ…!」
ぐりんぐりんと旋回するバイブの動きに、暗い期待に眉をひそめて、くねくねと腰を前後に捻る奥さん。
リモコンバイブしか知らない奥さんには、未知のマシーン(笑)。
立っていって、おろおろと狼狽する奥さんの股間にバイブを刺してあげました。無造作に。

925 名前: ◆AF/vufH7mQ [sage] 投稿日: 2008/06/16(月) 00:06:41 ID:pt4GR3xR0
フフフ
「!!あああ!」
目を見開き悲鳴をあげる奥さん、がくがくと痙攣しながらくず折れてしまいました。
「あうぅ!あ、あう!う!」
あのざりざりとした膣の内壁かき回されて、奥さんはバイブをしっかり握って床をのたうちまわります。…可愛い。
「ごめ、い、い逝く! 逝っ…う! ああ!」
もはや声にもならない奥さんを、よいしょと抱え上げて、お姫様だっこ。
俺の腕のなかであーっ、あーっと悲鳴をあげ続け、びくん、びくんと逝き続ける奥さん…
そっと、ベッドに降ろしてあげました。
声にならない状態で両脚をぴんと突っ張って、バイブだけ激しく注挿して、奥さんかなり逝ってしまわれました…

927 名前: ◆AF/vufH7mQ [sage] 投稿日: 2008/06/16(月) 00:19:02 ID:pt4GR3xR0
ククク
シーツにくるまって、奥さん逝ったあと、ひと泣き。
「…凄かった…けど、こんな女…あんまり、ですよね…ほんと、ごめんなさい…ごめんね…」
しゃくりあげながら、奥さんが謝ります。
謝ることなんか、ひとつもない。
普段は聡明で頑張り屋でかあいくて、折角の巨乳を「みっともないから」と仕舞いこんでしまう奥さん。
俺の前でだけは、その巨乳を(また器用に指で乳首をこりこりと摘みながら)自分で揉みしだいて、目の前でオナニーで逝って見せる奥さん。
俺はね、そういう奥さんが、大好きなんです。もう、どうしようもないっす…

929 名前: ◆AF/vufH7mQ [sage] 投稿日: 2008/06/16(月) 00:29:30 ID:pt4GR3xR0
…クスクス
思ったままを言葉にすると、奥さんも、ほんとにどうしようもない…という風に微笑んで、
「ありがとう…私も、ご主人が…Yさんが、大好き」
『名前で呼び合う』『好きとか愛してるとか言う』、これみんな初期にふたりで決めた、禁忌。
奥さん急にベッドのうえで正座しました。まだ乳首の勃ってる胸が、ぶるんと揺れます。
「こんな女ですけど、よろしくお願いします」…

930 名前: ◆AF/vufH7mQ [sage] 投稿日: 2008/06/16(月) 00:30:03 ID:pt4GR3xR0
わかってますもちろんこれは単なる汚らわしい不倫行為。世間では溢れかえるほどにありふれた、よくある不倫の一事例。
あれほど子ども時代から嫌悪して、自分がまさかその穢れた行為に没するとは思いもかけずにいた世界。
これからどうなるなんて考えても考えても考えても不毛。それでも今求め合うことがやめらんない愚者。

931 名前: ◆AF/vufH7mQ [sage] 投稿日: 2008/06/16(月) 00:30:27 ID:pt4GR3xR0
どうしようもなく愚かな俺は、愚かで可愛い奥さんの正座の脚を割って、ぐちょぐちょに汚れてるとこを丹念に舐めて更に汚なくしました。
舐めさせて、という奥さんが上になり、お互いを舐めあいました。
奥さんは、必死になって俺のチンチンをしゃぶりながら、俺の顔に腰を打ちつけてこられます。
また逝かれそうになるのをストップして、コンドームつけて、ようやく挿入。
ふたりとも堪りかねて、入れた途端に、即イキ。
ぐったり…ようやく、落ち着きました。

933 名前: ◆AF/vufH7mQ [sage] 投稿日: 2008/06/16(月) 00:45:04 ID:pt4GR3xR0
(正直、この夜は何話したのかあまり覚えてないっす。セリフもうろ覚え)
朝までどんだけいちゃついたかな
部屋の風呂で、ボディソープでぬるぬるにして仁王立ちでパイズリ。狭い浴槽で、おっぱい揉みまくっての立ちバック。
いったん休戦。お互いの身体を拭いて、ベッドに戻って、続きがいいというのでまた後背位。
また休戦。水分を補給して、窓際に立って、カーテン半分開けて、またバックから…
向かいのビルから誰かが見てるんじゃないかという刺激で、ふたりともメロメロ。俺もここで2発目を、しゃがんだ奥さんのお顔に発射しました。
(2発目なのに存外多量にかけられて、奥さん舐めとりながら驚いてました)

935 名前: ◆AF/vufH7mQ [sage] 投稿日: 2008/06/16(月) 00:47:22 ID:pt4GR3xR0
少しまどろんでは、奥さんのフェラとパイズリで目が覚めて…今度は上に乗った奥さんに激しく責められて。
また逝ってしまった奥さんがうつ伏せでぐったりしているところを、チャンスとばかりにお尻の穴を舐めまくって舌を差し入れては悲鳴を上げさせて。
ようやく正常位できつく抱き合って合体。
奥さんは、下になっててもがくがくと腰を振りたててきます。

この時奥さんが、思い切ったように「動けなくしてみて」と言い出しました。
SM…? 俺、縛りにはあまり興味ないもんで、ちょっとびっくり。
それでもまあ折角のリクですので

(※少し省略)


108 名前: ◆AF/vufH7mQ [sage] 投稿日: 2008/06/21(土) 02:00:00 ID:jQlFvDgx0
火曜日、人目につかないとこで車停めて、奥さんと話しました。
(精神的にしんどい時で、夜中に息子を起こしたりしてしまって…悪いことしたです)
俺、何だか泣きじゃくったりして、奥さん驚かせてしまいました。
(奥さんも「どうしていいかわからなかった」って、後で言っておられたっす)

109 名前: ◆AF/vufH7mQ [sage] 投稿日: 2008/06/21(土) 02:52:52 ID:jQlFvDgx0
何とかして俺を落ち着かせようと、おろおろしてくれる奥さんだったのに…
結局、Tシャツもスカートも全部脱がせて、車から降ろして「ここだめだったでしょ、前も人が来たじゃない」
と拒む奥さんにひたすら後ろから突入して…
しかも最後は、絶対したことなかったのに中で出してしまって…
(「だめです! 絶対だめ!」って抵抗してた奥さんだったのに、射精の時には自分からお尻を振り、おっぱい握りつぶして悲鳴あげてました)
(安全日は安全日だったそうですけど…何年ごしなのに今更また一線越えてしまった感)

110 名前: ◆AF/vufH7mQ [sage] 投稿日: 2008/06/21(土) 03:01:19 ID:jQlFvDgx0
俺の腰に抱きついて、汚れたチンチンをむさぼるように掃除してくれたあと、
「だいじょぶですよ…だいじょぶだから、ね…」って、その口でまた俺にキスしてくる奥さん。
ああ
俺にとって便所の落書きはどうでもいいっす。すべてをスルーします。垂れ流させてください。
奥さんいるからどうでもいいっす。いてくれるから。


182 名前: ◆AF/vufH7mQ [sage] 投稿日: 2008/06/24(火) 23:51:56 ID:usJJRGW00
(続きっす)
この時奥さんが、思い切ったように「…動けなくしてみて、お願いっ…!」と言い出しました。
え、SM…? 俺、正直、縛りにはあまり興味ないもんで、ちょっとびっくり。
それでもまあ折角のリクですので…
浴衣の帯で、縛ってみることにしますた。
あーでもないこーでもないとやってみての結論として、2本の帯で左右それぞれの手首と足首を、ぎゅー。
両肘を、両膝の内側に入れて縛りました。どうしても無防備になる、奥さんの濡れっぱの股間。
「やあ…ああ、動けないい…」と、奥さん。
「いや、動けなくしてって、言ったでしょ?」
「…言いました…」
心なしか奥さん、ちょっと変だな、とは感じました。
けど、無防備さへの魅力のほうが当然に勝って、おっぱいに吸い付いてみたり、指2本入れて捏ねてみたり…

186 名前: ◆AF/vufH7mQ [sage] 投稿日: 2008/06/25(水) 00:39:11 ID:08s4mdPF0
このへんでやっと、てっきり喘いでると思ってた奥さんが、過呼吸?の状態だと気がついた。
慌てて名前呼びながら、帯を解いて、背中さすって…
暫くそうしてて、ようやく元の呼吸に戻った奥さん。かたかたかたかたと小さく震えながら、抱きついて来られました。
パニックに陥ったらしい。
なんだかわからないけど(それが何だったのかは未だにわからないんだけど)、何かいやあな感じがして暗転した、とか…

187 名前: ◆AF/vufH7mQ [sage] 投稿日: 2008/06/25(水) 00:39:39 ID:08s4mdPF0
俺もそうだけど、奥さんもまた子どもの頃のろくでもない経験(トラウマって言いますか?)を、何とか封印してきたんだと、嫌でも気づかされた夜。
(故に俺も奥さんもやっぱりどっか歪んでる…)
そうしてるだけで分かり合えるようで、言葉も要らず、ただ裸で抱き合って…寝てますたね、あとは。グー
誰が何と言おうと、ふたりにはとっては良い夜ですた。


270 名前: ◆ER3pJ7auDE [sage] 投稿日: 2008/07/03(木) 23:36:52 ID:Ma+gwAbh0
先週、激情にかられて中で射精してしまってから、奥さんの様子がやや変です。
(安全日だったから良かったようなものの…まぁ、だったからこそ最終的に受けちゃったんだ、とは言われますけど)
確かに10年ぶり(!)に中田氏を受けた奥さんの逝きっぷりは、尋常ではなかったです。
何度も何度も喉奥で唸り、チンチンから最後の一滴まで搾り取るように小刻みにお尻を振って…

271 名前: ◆ER3pJ7auDE [sage] 投稿日: 2008/07/03(木) 23:37:46 ID:Ma+gwAbh0
『不思議ですよ…あれからずーっと、ご主人のが入ってるみたいな気分で…』
って、思い出しては何度も何度もオナっておられるそうで…
昨日も「ごめんなさい…」言いながらも昼間からエチな電話かけて来られてました。

272 名前: ◆ER3pJ7auDE [sage] 投稿日: 2008/07/03(木) 23:38:27 ID:Ma+gwAbh0
今夜もさっきまで、奥さんが電話して来られて、オナってますた…
「消しても消しても、ご主人が残ってる…他になんにも考えられなくなる」
「なんかもう、気が狂いそう…」って。何度も。
責任上早くなんとかしてあげたいのですが、まだ逢えないのです…


293 名前: ◆ER3pJ7auDE [sage] 投稿日: 2008/07/07(月) 00:50:17 ID:/V0CrvAs0
こんばんは…
ちょっとカキコをだあーと垂れ流します。

大阪での一夜はやっぱりただの夢のようなもので…また、ふたりそれぞれの日常へと戻ったもんでした。
それから…張り切ってお仕事していたはずの奥さんはしかし、逢うたびにふっ、と表情が沈むことが増えてきました。
要求される仕事のレベルがあがってきたのかな? あるいは人間関係?
いろいろ心配で問いかけるのですが、気丈な奥さんはきょろんと笑って「ううん、大丈夫ですよ!」で済ませてしまう。
そんでどうせ「セックス依存症」な人ですから、「それよりあの、早く…」と、俺の股間に顔を埋めてしまうんです。
そんなこんなで1ヶ月も経ったある時のこと。

295 名前: ◆ER3pJ7auDE [sage] 投稿日: 2008/07/07(月) 01:15:22 ID:/V0CrvAs0
いつものように、昼時の喫茶店でリモコンバイブ使ってひとしきり逝かせてあげたあと、昼食とりました。
で、「どう?最近は」って話から、いつものように話をしてたのですが…
「でもね、わたしの役割ってまだ、そこまでは…」というような話の途中で、急に嗚咽が漏れてきたんです。
「奥さん? どうしたの、奥さん」
「あ、あれ?…ごめんなさい、わたし…(泣)ごめん、なさい」
奥さん、眼鏡を外して顔を覆ってしまいました。
そこでピン!ときたのが、奥さんが前に「電車で痴漢に遭う」って話してたこと。
(その話から、大阪の満員電車で公然猥褻に至ったんす)

298 名前: ◆ER3pJ7auDE [sage] 投稿日: 2008/07/07(月) 01:44:38 ID:/V0CrvAs0
「何、例の痴漢のこと? ひどいことされたの?」
奥さん、肩を震わせながらしばらく黙ってましたが、小さく「…ん」とうなずかれました。
…かあっと頭に血が上っていく。
奥さんが泣くのを見るのが嫌です。この人を泣かせるようなことをする人間、許せないんです。
…でも、実質何もできない俺…


321 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/10(木) 00:59:44 ID:VYtvwQPy0
今夜の電話で「2ちゃんねるはどこまで進んだんですか?」と奥さん。
進捗状況を話しました。
「ああ…あの、私が会社辞めるまでの。…あのお…ご主人、まだ怒ってる? ごめんなさい…」
いや、怒っちゃいませんけどね。ちょっと根には持ってますけどね。
俺だって変態だし奥さんのことは言えないわけでしてね。
(って、何があったかという話なんですけど…やっぱり思い出すと腹が立つ)
でもとりあえずご機嫌伺ってもらえるそうで、あさって午前中に逢うことになりました。ラリホー♪


323 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/10(木) 01:08:31 ID:VYtvwQPy0
ようやく中田氏の余韻が収まってきたという、奥さん。
「もう、中で出すのは堪忍してください…ああ、でも、こんなこと言うだけで、また…」と、自ら消火作業に入られました。
俺的な理由により懐妊可能性は限りなく0に近いのですが、中田氏については反省はしてます…
でもそしたら…暑いしなあ、逢ってどうしてあげようかなあと、思っています…


334 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/11(金) 00:39:45 ID:iRPL4VS20
こんばんはー。333です。
ホンモノです。(笑)
信じて頂ける方だけに、カキコさせて頂くっす。

明日の午前中、奥さんと逢えます。
『どこにしましょ? 涼しいとこがいいですね』と、メール打ちました。

『…あのー、まえに、新しくネットカフェができた話、しましたよね?』

…ネットカフェ?!

『涼しいし、個室もあるみたいだし、禁煙席もあるらしいし、どおでしょ?』

…当然OKしました。しましたけど…ネカフェで、何するの…

あのう…以前、ひとりでネカフェ入った時には、カキコができなかったことがありました。
それって、その店だけだったのかな?
それともネカフェからはカキコはできないのかな?
どなたか、教えて?


354 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/13(日) 02:04:41 ID:eexXTt1k0
くだんのネカフェ前、奥さんと現地集合しますた。
この日の奥さんは、ちっちゃな花柄のついたブラウスに、涼しげな薄い布地のロングスカート。…可憐だ…
俺が受付で会員登録する間、奥さん少し後ろで待ってました。
コーヒーと紅茶とを入れて、ふたりでペアシートへ。
真新しいお店のペアシートは、ブース壁が高く、ほぼ完全個室の「箱」でした。
(隠しカメラは…なかったと思うけどなあ。まーいいよもう)
パソ立ち上げながら、聞いてみたかったのは、奥さんが今日ここを選んだ理由でしたが…
「さて、ご主人。私に2ちゃんねるを紹介してもらえます?」ときた奥さん。
奥さんとしては、俺の積年のストレスを開放させてくれたり、(ちょっと)おかしくまでさせたものについて「知っておきたくなったの」、と。
(以前は「それを知って私が大丈夫と思う? のめり込んでしまったらと思うと、怖い」って言ってたのに…)
「いや心配かけたけど…俺、もう大丈夫ですよ」
「うん…思うにね、私、目を逸らしちゃいけないなあって…ご主人にも、自分にも、いろんなことにね」
…奥さんは、俺が思うより、強くなってるのかもしれません。

というわけで、奥さん初めて2ちゃんねるに晒された自分を見ることになりました。(いやまあ晒したのは俺なんですが)

355 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/13(日) 02:12:18 ID:eexXTt1k0
垂れ流します♪

ネット開いて2ちゃんねるに入って、例のスレに入って、333レス目。
俺の右側にぴったりと座って奥さん、マウスを持つ俺の腕に両手を添えて、俺の肘にやらかい胸をぴとっと触れさせて。
ああ、いつもの奥さんの、ほっとするような香りっす…

平成13年3月の、お風呂でのエチの目撃。
「はあ、こんな最初からなんだあ…」と奥さん。
5月下旬、『お風呂でセクスしておられましたね』という手紙が届いたくだり…
「これは心臓止まった。胃が冷たくなった。怖かった。悩んだ。ダンナには相談できなかった」
「でも…読み返しているうちに、もしかして私のことを大切に想ってくれているのかな、って誠意を感じてしまった」
「実はその時ふと、この手紙がご主人からだったら…と思ったけど、まさかと思って…」
カキコの一字一句を追いながら、ぼそぼそと奥さんの独白っす。
それは、今の今までふたりの間でもタブーだった、当時の奥さんの思いです。

356 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/13(日) 02:18:41 ID:eexXTt1k0
その後の、『裸が見えるように浴室の窓際に立って』とか『ノーブラでゴミ捨てに出て』とかの、手紙による指示。
「いやもう怖くて怖くて…。けど、その後腰がジンジンするくらい感じて、そのお…オナニを、しました」だって。
「(浴室の窓に立った後)まさか御礼の手紙がくるとは思わなかった。少し、嬉しくなってしまって…怖さが減った。またオナニしてしまって…とまらない自分に自己嫌悪して」
「じゃあ、俺が手紙だそうかもうやめようか悩んでる時期も、毎晩毎晩オナニーしてたの?」
「…ごめんなさい…夜中に寝られなくて、言われてもないのに、お風呂で、窓から見てもらえるように立って…胸も、隠さずに…そのあとのオナニ、凄く感じてしまって…」

357 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/13(日) 02:41:17 ID:eexXTt1k0
店内に流れるのは、若い人向けの賑やかなBGM。
午前中のネカフェは流石に客足も少ないようで、店内を歩く人もまばらっす。
当時のハラドキな手紙の応酬を思い出し、奥さんは時折切ない表情になってきます。
「こんなに、私のこと、晒しちゃったんですねえ…」

358 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/13(日) 02:46:26 ID:eexXTt1k0
それから『ノーブラでゴミ捨ての指示』がきて…
「手紙を待っている自分に気がついた。届いてもうドキドキ。ダンナに褒めてもらったことがなかった胸を絶賛されて、嬉しくなった。怖くなくなってた。何を着ようかって、デートみたいで、なんだか可笑しかった」
「保育所の送りで出会うご主人の顔見たらね、手紙でウキウキしてる自分が変態に思えて、悲しかった。…けど、なんとなく、手紙はほんとにご主人からなんじゃないかな、と思い始めた」

で、ノーブラでゴミ出しを実行した奥さん。
「…大急ぎで帰って、玄関入ったとたんに、ひどい目に遭ったおっぱいを揉んだだけで、そのお…逝っちゃったの…」
ぼそり、ぼそりと語りながら、奥さんモジモジモジモジ…
俺の肘にぎゅっと乳房を押し当てて、自分でいいようにスリスリ擦り始めました。

359 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/13(日) 02:52:37 ID:eexXTt1k0
その後、チェキで写真撮ってと指示されれば「着せ替え人形みたいに、着替えては撮り着替えては撮り…そんな目に遭ってる自分が変で、着替えの合間にまた自分で…」
とうとう、深夜のお風呂で窓から丸見え状態でオナニーまでして…
って、この辺までくるともう奥さん、予想どおりの展開。
読みながら自分でブラウスのボタン外して、器用にブラだけを脱いで、ぶるん、とおおきなおっぱいを剥き出しにして。
スカートを自分でたくし上げると、見えないのをいいことに最初からノーパンで…
「ああ…リモコンバイブ…こんなことまで…!」言いながら、奥さんのオナニーが始まりました。

361 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/13(日) 03:00:46 ID:eexXTt1k0
俺当然もうチンチンはビンビン。だけど、俺の書いた文章で夢中になって自慰する奥さんの姿がなにより嬉しくて、オナニー見学。
「あ、こんなことも…」「…わ…っ、私こんなことああ…ん」
初セクスのとこ読みながら、奥さん時々顔を伏せて指遣いに集中したり、俺を恨めしげににらんだり…
「あ、お、思い出す…思い出しちゃう…凄…っ!!」
BGMより声が大きくなっては、それこそ他の人に迷惑。
奥さん必死に声を押し殺して、「い、逝っていいですか…ぁぁい逝く…! 逝く…ッ!!」
ぎりぎりと歯を喰いしばって、奥さんまずはびくん、びくんと1回目。


372 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/13(日) 23:55:17 ID:vf0FsNMa0
(続きっす)

「…は、あ…」
ことん、と俺の肩に頭を落とす奥さん。
冷房のよーく効いた店内なのに、頬を上気させていました。
1回逝った後の、気だるげな色っぽい表情の奥さんに、
「ご主人って、手紙もそうだったけど…こういうエッチな文章書くの、上手」と、お褒め(?)のことばをいただきました。
「ほんと…あの手紙からですよ、こんな…いやらしいことする癖がついたの」
片手はゆっくりとDカプの乳房を揉みつづけておられます。「ほんとに…いやらしい身体に、されちゃって…」
「俺が書いた手紙が届くまでは、オナニーなんかしなかったの?」
「しませんそんなこと。したことないもん」
と唇を尖らせて、ディスプレイに向き直ります。カワイー

373 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/14(月) 00:09:31 ID:yxpzV1Y60
スクロールする奥さん。
「こう、書いてあるってことは…ああ、ん…やっぱり2度目のことも…」
と、肩を落として地団駄踏む仕草の、奥さん。
俺に身を寄せながら、「玄関先で怒涛の2連発」の記述へ没入…
も、溜まりません。
奥さんの耳を舐めます。「あ、ああう、あっ」小さくびくん、びくんと奥さん。
その耳に「我慢できません…奥さんのオナニー見ながら、俺もオナニーしますよ」って宣言して。
パンツからやっとこさ勃起したチンチンをずるりと出して、しごきました。
「あああ…そんなあ…っ」

374 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/14(月) 00:26:13 ID:yxpzV1Y60
何だか絶望的な表情の奥さん、ディスプレイとチンチンと俺に、代わる代わる目を泳がせます。
脳内に初めての時のケダモノのようなセックスを想起させられ、
この前初めて俺の精液を注入された膣を指でかきまわしながら、
奥さんの目はカウパー氏腺液がだだ漏れの、今ここにあるチンチンに釘付け。
奥さんもう、わけがわからなくなってきてたようです。

376 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/14(月) 00:32:41 ID:yxpzV1Y60
自分でグーに握った手に噛み付いて声が漏れないようにするけど、「んーっ…! んんう、ううぅ…っ!」ってやっぱり、よがり声が漏れる。
「だめもうお願い、お願い…っ」って、俺の手をチンチンからもぎ取って、自分の股間へ。
ずるずるに濡れきった隘路に指を入れるよう、奥さんの腰がせがんできます。…ぬるっ。
「!! い、い…う、ふ、うっ!!…」
悶えながらも奥さんは、膣から抜いた濡れぬれの指で、俺のチンチンをぬるぬると撫で回します。うう…これはもう、溜まらない…


422 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/21(月) 02:32:39 ID:4u3gjH2c0
こんばんはー
(続きっす)

指で2回目に達した奥さん。
はーっ、はーっ、と口で呼吸しながら、マウスと自分のおぱいを、かわるがわる持ちかえます。
片手は俺のチンチン握って離しません。
奥さんの股間には、俺の指がゆったりと突き刺さったまま。
奥さん、とろんとした目でスクロールしていきます。
「ふうん…ふふ、語り合ってるんだ…え。あ、えっ?! これ映画館の時…? …やあ…ん」
奥さんのモジモジが激しくなる。
俺のチンチンも高速でぬるぬるされます。うう
423 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/21(月) 02:39:51 ID:4u3gjH2c0
「やだ…私まるきり淫乱みたいじゃないですか…これじゃあ…」小さな声で。
(「クロサギ」観に行って、映画どころでなくバイブやらフェラやら…ってくだりですね)
「だって、淫乱じゃないですか」
「…うー…そう、ですけど…」って俺を睨みます。可愛いっす…
「…あん…はあ、反論がきますね…う、んん…ふふっ、なるほどフィクションってことで、ああ、ん…」
読みながら、オナニーしながら、俺のをしごきながら…忙しいことです。
「はーっ…はーっ…ああ、また昔のことを、もぉー…」(2ヶ月悩みまくったあと、俺んちでセクス…の辺りっす)

424 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/21(月) 02:41:50 ID:4u3gjH2c0
奥さん、急に立ち上がりました。
俺の肩につかまって爪先立って、廊下から見えないことを確認してます。
「ほんとに…いけないんですよね、こんなとこで…非常識ですよ」
耳まで真っ赤にしながら、スカートの前を全部めくってみせました。
目の前に、ねっとりした分泌液でぬらぬら光る、淡々とした陰毛。
少し金属を思わせる、奥さんのあそこの匂い。
「…いけないけど…お願い入れさせてください…入れたまま読みたいの」
…しょおがないなあ、なあんて。
俺もとっくに、挿入モード全開。

425 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/21(月) 02:42:48 ID:4u3gjH2c0
音をたてないようそっとパンツを脱ぎ、脚を大きく開いてソファに座りました。
奥さん、バッグからタオルを出すと、俺の尻に敷かせます。…流石、準備のいいことです。
そそくさと俺の脚の間に後ろ向きで入ってこられた奥さん、スカートを捲って腰を下ろすと、速攻で勃起物を呑みこみました。
…生で。ぬるり、って。
「!!…っ…! ん、んっ…!」

427 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/21(月) 02:57:23 ID:4u3gjH2c0
「!!…っ…! ん、んっ…!」
奥さんの右手はマウス、左手は自分の口をきつく押さえています。
俺、奥さんのペースに任せることにしました。
派手なピストン運動のできない状態で、奥さん小さなお尻をうねうねうねうねとグラインド。とてつもなく、いやらしい動き…
「んーっ!…んーっ!…んんっ…!」
懸命にディスプレイを見ようとする奥さん。
その合間に、
「どう…あん、どおですか、ご主人…」
「うん…いいですよ、凄く…凄いよ」
「や、あ…嬉し、い、あ、ああっ…!」

428 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/21(月) 03:00:36 ID:4u3gjH2c0
空いてる両手で存分に大きなおっぱいを揉み、硬くなってる乳首をこりこりと転がし、もはや洪水のような股間からクリを探り当てて指の腹でくりくりくりくり。
感度ビンビンの奥さん、びくんびくんと海老のようにのけ反って、
「…っ!、だめ、え…い逝く! 逝っ、逝くうう!…っ」
押し殺したか細い悲鳴をあげて、奥さん3回目の絶頂。
小刻みなお尻の動きと、ぬめりながら締め付けるざらざらの膣壁…

429 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/21(月) 03:01:56 ID:4u3gjH2c0
ああだめだ
口に、奥さんの口に
「だめだ、逝くよ俺も」
囁いて奥さんのお尻から、腰を引く俺。
だのに、PCのキャビネット?を支えに、ぐいっ、と腰を押し返す奥さん…



抜けかけてた俺のチンチン、また根元まで熱い壷にはめられて。はまった分だけ液体が溢れる。
「ち、ちょ、奥さん…?」
無言のまま、さっき逝ったばかりの身体に鞭打つように、さらに激しく腰を振りたくる奥さん…
ああやばいっす、もう、逝ってしまいます

430 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/21(月) 03:08:00 ID:4u3gjH2c0
焦る俺に、首だけ振り向いた奥さんが、

「…逝けば…?」と。エエエエエ

…眼鏡越しの目は、見たこともないような壮絶な、妖艶な目でした。
いつものほんわりした奥さんとは全く別の…誰…?
堪りませんでした。
小柄な奥さんにしがみつき、あの膣奥に発射してしまいました。
どぴゅうっ、どぴゅうっ、って、何度も、何度も…
狭いブースでPCを抱えるようにして、奥さんもまたああ、ああと小さく悲鳴をあげ続け、ひくひくと膣を蠢かせて…
ソファをどろどろにして、逝きまくってしまったのでした…
あーあー…

431 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/21(月) 03:10:13 ID:4u3gjH2c0
こう書いててもこれ、無茶苦茶ですよ。
なんかもう奥さんどうしたの?って感じで。
俺の今の精子では妊娠する率ほぼ0なのよ。でもそのこと、奥さんに話したことないですよ。
PCに突っ伏してた奥さん、ゆっくり頭を起こすと、泣きかけのような顔で、
「あーあ…また、中に出されてしまった…」
言いながらも、萎えたチンチンを抜こうともしない。それどころか、自分の分泌物と俺の精液とを指ですくって、かろうじてはまってるチンチンの裏筋や睾丸をまた、ぬるぬるぬるぬると。
「わあ…精液が、熱い…熱いなあ…ご主人の精液熱いですねえ」
歌うように、呪文のように。
絶句してる俺の手に指をからめて、「もう…ご主人の精液で、私の理性どっか行ってしまいましたよ。どうします?」
可愛い奥さんです。
…可愛いけど、奥さんは、何かを振り切ったんですね…。

432 名前: ◆ozaz4RdiMo [sage] 投稿日: 2008/07/21(月) 03:13:54 ID:4u3gjH2c0
この後も奥さんによるシゲキで勃起させられた俺でした。
奥さんは身支度整えるとタオルでソファを拭いて(洗面所でタオル洗ってきてもう一度拭いて)、飲み物おかわりして、続きを読まれました。
もちろん、お互いにまた、まったりとお触りし合いながら…
割りに(俺なんかよりはるかに)冷静に読み進めた奥さん、昨日ちょっと書いたようなことを言われてましたが、もう眠いので…ネカフェでのエチはこれでおしまい。
おやすみー

前向きに、前向きに…しかしどうなるのか俺たち…

28歳、Fカップ、地味でおとなしめの奥さんと7【完結】

ブログパーツ

【サイト内人気記事】
彼女の泥酔レ○プ動画
田舎で出会った全裸の少女
4Pレ○プ 初体験
出会い系中だし・・実はJ○だった!
京都に住んでいたときマワされました1 
キャンプで嫌いな女を気づかずに犯してしまった
彼女にセックス中に電話をかけさせる
温泉で罰ゲームさせられてる女子大生と
中学吹奏楽部顧問の役得

大人のえっちな体験談&告白人気記事】
初めてのオナニーは
水着を脱がされました
や・め・て
同級生のシャワーシーン
メル友との初体験
お母さんの恥ずかしいシーンを見ました
幼馴染との王様ゲーム
いじめの矛先
先輩にレ○プされてしまいました



web拍手
ランキングサイト よければクリックを!
人気ブログランキングへ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://m00s00.blog99.fc2.com/tb.php/84-6fbedee9